女の人

高級マンションでリッチに暮らそう|憧れの街でハッピーライフ

賃貸物件の契約にあたって

レディー

初期費用について

賃貸物件を借りる契約を交わすにあたっては、それぞれの物件のオーナーと直接交渉を行うのではなく、不動産仲介業者に足を運んで物件を紹介してもらい、その中から気に行った物件を選んだ上で、オーナーとの契約の橋渡しまでを行ってもらうのが一般的です。この契約を交わす際に必要になるのが、初期費用と呼ばれるお金です。初期費用とは、礼金や敷金、家賃の前払い金や仲介手数料などを指し示すお金であり、それぞれが契約を交わす物件の家賃一か月分から二か月分ほどの支払いになるのが一般的な相場になっています。ただし、この初期費用は必ずしも支払う必要がある分けではなく、中には礼金敷金無料や仲介手数料無料といった条件が提示されているケースがあります。そういった物件を選ぶことで、賃貸物件を借りる契約を交わす際に必要になる準備資金を、大幅に節約することが可能になるのです。

節約

初期費用の節約にあたって特に人気の条件になっているのが、仲介手数料無料という条件です。仲介手数料とは、賃貸物件を紹介してくれた不動産仲介業者に対して支払うことになる手数料であり、礼金や敷金無料といった条件の賃貸物件と比較した場合、簡単に見つけやすくなっています。これは、仲介手数料無料という条件は、不動産仲介業者が賃貸物件を一括管理することで、借主からではなく貸主から仲介手数料を取る事によって実現しやすい条件になっているためであり、またそもそも取り扱っている全ての賃貸物件が仲介手数料無料という不動産仲介業者を見かけることもできるためです。家賃の一か月分ほどの費用を浮かせることができれば、その分だけ条件の良い賃貸物件を借りることも可能になるため、積極的に活用してみるといいでしょう。